About Chef

About Chef

加山賢太と旨味

季・温・香

Discover

KENTA KAYAMA

加山賢太のマルゴットでの匠としての仕事は

  • 香りを練る(素材本来の香りを芳醇にする)
  • 旨味を練る(素材を料理にし、お客様の舌の上でしか味わえない唯一の味わい)

多くの熟練料理人に師事し、若手料理人として注目されている理由はこの2つ。そして実家が仏料理店であるがゆえの子供の頃から磨かれ続けたセンス。徳島・鳴門産の魚介に精通しており信頼する漁師より極めて鮮度の良い魚介類を料理へと昇華させる。

Chef’s Careers

Chef's Careers

加山賢太シェフ経歴

昭和59年、広島県広島市生まれ

  • 「モナリザ」
  • 「元麻布・かんだ」
  • 「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」
  • 「リューズ/ スーシェフ」
  • 「カンテサンス」

を経て現職へ
以上の経歴をえてマルゴットでは

   季節・土地ごと、その時期の旬な食材
   温度・食材への適切なアプローチ
   香り・素材の持つ重要な要素
   旨味・食材の持つ要素を最適に取り出す

を練り上げ一皿へと、、、、

Chef’s Greeting

Chef's Greeting

加山賢太からの挨拶

We all know that the way to the soul is through the eyes not the mouth.

Greeting from Chef

シェフからのご挨拶

 

毎日その時の気候や気温、食材を目の当たりにして受けるインスピレーションは
毎日違うものですからメニュー内容は必ず変わります。

本物だけが持っている、素材から滲み出る旨さを温度感、香りと共に
味わえる喜びをお客様に感じていただけるよう努めてまいります。

加山賢太

IMG_1900